--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.12.21 (Sun)

キタミシチョウセン

さて、気になる人は気になる、北見の市長選。結果、民主系候補が当選となりましたね。

正直、どっちに転んでも、良くなる方向にはならないでしょう。今回は現職が辞職しての出直し選挙。なので争点としては1点。市庁舎の移転問題。強いて他も挙げれば、次期総選挙へ向けての“練習”。なので、総合的に市行政を占う選挙ではありません。

とりあえず、庁舎を旧東急店舗へ移転という案を否決された現職が負けたので、当面この線での移転案は表舞台から姿を消すのでしょうか。でも私が思うところ、借金まみれの北見が庁舎を新築できる体力はないはずなので、最終的には駅前の旧東急へ移転させるのではと見ています。妄想の域を脱しませんが。

細かいことは分からないし、本来は無いことをあったかのように書くのは危険であるのを承知で書きますが、現職は移転に関して何らかの利権を請け負っていたんじゃないでしょうかね。それを察知した反市長勢力が議会で否決した、みたいなことはどうなのでしょう。

でも、その現職(今更ですが、結果が出たのでもはや前職、ですか)による庁舎移転案を否決するに当たって反市長勢力の主張するところは、そういう闇の部分を指摘するではありませんで正面から反対を訴えてだったはずです(合っていますか?)。

そういう主張をした手前、今回否決した勢力が、新市長による旧東急への移転という案がもし出たときにはそれに賛成しにくいです。そう考えると、私の妄想による、旧東急への移転で落ち着くというのは無い線にも思われては来ます。

あまり知らないことをベラベラと話すのも無責任なので、この話題は一旦止めにしましょう。

次期総選挙の前哨戦という意味では、「偉大なるイエスマン」元幹事長の小選挙区での勝利はますます危ういかもしれません。

もろもろの次期総選挙当落予想を見ると、日が経つにつれイエスマンが負ける方向へとなっています。

今回は総選挙が迫っての、この形になって見える結果。

このようなこともあって、さらに、12区の民主候補(現職ですけどね)は大地代表と非常に密接なこともあるので、余計にイエスマン元幹事長は厳しいでしょう。12区は大地代表の影響力が未だ大きいです。今回の選挙も大地代表の肝いりです。

ただですね、北見で民主系候補に投票したほとんどの人がそうだと思うんですが、民主党が良い、ということではないはずです。とりあえず自民でなければいい、となると民主か、と。あくまで、自民ではない選択肢としての民主なんじゃないかという程度でしょう。

あくまで、非自民を実現させるための道具としての民主というだけ。つまりはそういうことですね。

市庁舎問題のうえで民主系候補が勝ったということではないと思います。とりあえずそんな風に思ったということで。

民主には未だおかしな勢力(分かりやすくいえば、道1区選出の大物みたいな)が紛れ込んでいますから、全面的に任せるという気にはなりません。何か良からぬことがあれば早急に自民に戻るという留保の上で民主には権力の座に一旦付いてもらう、というぐらいにしか考えていません。私はそんな風に考えています。

とにかく、中央でも地方でも閉塞感が漂っているのはもはや間違いないので、権力者を変えてそれを打破できるかまずは試す、というのが必要なので、自民が下野しそうというこの流れはいいことです。

そんなことから、ひとまず、今回の市長選では良い結果が出たと捉えています。

グダグダな文章ですみません。眠たい状態で書いたのでめちゃくちゃです。でもせっかく書いてもったいないのでアップします。
スポンサーサイト
EDIT |  23:28 |  雑記  | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。